わたしがすべての患者にお勧めする、よい睡眠のための寝室の提案

眠れない?

そんな皆さまは、BRAINtellect2 (B-2)を日々活用していただいていることと思います。

ただその前に、基本的で大切なことがあります。皆さまの携帯電話はどこに置いて寝ていますか?

ぜひこの記事を読んで、ある一つの簡単なことを実行してみてください。

 

ニューヨークのホリスティックな開業精神科医のエレン・ボラ医学博士、彼女が提案する「質のよい睡眠のためのナチュラルなテクニック」のシリーズの1つをご紹介します。

 

基本的で大切なことですが、私自身も1日スマホをチェックすることが多いため、皆さまにもご紹介したいと思いました。できる限り分かりやすく翻訳してみますが、分かりにくい表現があったらすみません。mm

 

あなたが、質のよい睡眠のためにできる最も重要なことは?

 

2016年6月30日 エレン・ボラ医学博士
あなたが、質のよい睡眠のためにできる最も重要なことは?

それは寝室の外に電話を出すことです。

携帯の充電器を寝室の外に置いて、就寝時の少なくとも30分前には、あなたの携帯にお休みのキスをして、寝室を「ノー・フォン・ゾーン(電話のない空間)」にしましょう。いったんそうしたら、良く眠れると感じ、(眠りから)戻ることはないでしょう。今夜しましょう!

 

あなたのこんな言い訳も分かっています。

「これは私のアラーム・クロックなんです」(アナログのアラーム・クロックを買いましょう。コスト10ドルほどです)
「もし夜にメールが届いたら、知っておく必要があるし」(あなたが、本当に?)

「誰かを助けなければならないかもしれないし、私にとっては必要ないことなんだけど」(あなたには目がありますよね?それが役立ちます)

「不便です」(いいえ、それは本当ではありません)

「だけど、携帯充電器がすでに寝室にあるので」(何てことでしょう、30秒あれば、移動できます。)

 

ちょっと厳しく言いすぎました。ごめんなさい。

 

ひとつ正当な言い訳があります。「誰かが緊急時に私を呼び出した場合は、聞こえるようにしておく必要があります。」

 

結構です。私は、寝室の外に携帯電話を置くことをおすすめします、聞こえる範囲内で。夜間に着信しないようにし、あなたの生活で大切な人達をお気に入りに設定し、そして「お気に入りからの電話を許可する」ように設定してください。部屋から、電話の音が聞こえるようダブルチェックしてください。問題解決です。

 

今、私達は言い訳を取り除きました。寝室の外に電話を出すのがなぜ重要なのか説明しましょう。3つの鍵となる理由があります。

1.ライト

光は私たちの概日リズム(私たちの睡眠・覚醒サイクル)を調節します。携帯電話の画面からの青色スペクトル光は、私達が真夜中に私たちの電話を凝視している場合でも、脳を昼間の思考に混乱させます。私たちの脳は、目を覚ますよう感じさせるホルモンを分泌することによって応答します。電話を凝視するのは、文化的に容認された就寝時のエスプレッソのショットのようなものです。

 

 

2.あなたの脳の報酬系

私達が携帯電話上で行う多くの活動、インスタグラムに目を通すことから、今流行りのゲームをプレイすることまで、私達の報酬系をヒットし、もっともっと続けたいと私達に思わせて、脳のなかでドラックのように行動するよう設計されています。あなたはそして知ります、午前1時、涙でかすんだ目で、無意味なことであなたの人生を無駄にしている、そしてあなたは睡眠の悪い夜を得るためにあなた自身を設定したということです。

 

 

3.ストレス

あなたの携帯電話が楽しいのと同じぐらい、それはまたストレスの原因にもなります。おそらくあなたは、携帯電話で仕事のメールを取得し、あるいはあなたに注意を呼びかける圧倒的な数の赤い通知があるでしょう。すべての小さな音(バズ)と鳴り続ける音は、たとえ表向きは「良い知らせ」であったとしても、当直医や、ポケベルが鳴りだすこと、あるいはストリートを通ったときに建設現場で、掘削機の音を聞くことと大きく違いはありません。

 

日中だけでも十分に悪いし、(私は日中にすべての通知をオフにすることを勧めています。そうすれば、あなたは携帯ではなく、あなたの時間のボスでいられます)。しかしこれらの夜通しの鳴る音は、更に悪いのです。それらは、いつの間にかあなたがより深く、回復性睡眠に落ちるのをブロックし、あなたの睡眠を中断します。

 

要するに、それはあなたの睡眠を破壊することができる携帯電話で読んでいるこのような記事のことです。もしあなたが今家にいるなら、これを読んでいるどんなデバイスも下において、充電器を寝室の外に出してください。早めに就寝して、今夜は深い睡眠をエンジョイできるでしょう。

 

以上です。

 

いかがでしたでしょうか?夜の緊急対応については、例えばiPhoneでもおやすみモードがあります。着信を許可する相手をよく使う項目だけ選択して、あとは着信と通知を知らせないというものです。

確かに寝る直前に、エスプレッソを飲む人はいないと思いますが、その代わりに携帯を見続けることは当たり前になってきました。今夜から携帯は寝室の外に出してみませんか!?

 

原文はこちらです>>
The ONE Bedroom Change I Recommend To All My Patients For Instantly Better Sleep Hero Image
http://www.mindbodygreen.com/0-25584/the-one-bedroom-change-i-recommend-to-all-my-patients-for-instantly-better-sleep.html

Brainwave Optimization®、Brain State Technologies®、Brain State® はBrain State Technologies, LLCの登録商標です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る