最近ヘッドバンドB-2の事ばかり書いている理由は。。。

もちろん、皆さまにオフィスでのBWO集中コースを受けていただきたい気持ちでいっぱいなのですが~

ヘッドバンドBRAIntellect2(B-2)の事ばかり書いているのは、いろいろ理由があります。

まず何といっても、

 

 

お客様にとってはコストが抑えられる

ブレインウェルネスには、何とか今の状況を脱したい、改善したいという強い意志をもってお越しになる方が多いです。

 

そのため1回の集中コースで何等かのいい手ごたえを感じられた場合は、2度目、3度目と来ていただく方も多いです。もちろん、セッションは受ければ受けるほど、脳がよりリラックスしたよい状態になります。わたしも2度目、3度目の方には、脳のどこが滞っていてリラックスできないか?ということを考慮して、クライアント様が最大の結果を持って帰れるようにプログラムづくりをしています。

 

一方で、それにはセッション代もかかりますし、遠方から来ていただいている方は、新幹線代、飛行機代、ホテル代とかなりのコストがかかります。

 

ヘッドバンドB-2も、初期投資は必要ですが(約16万円~17万円)、それはオフィスで終わるセッションと違ってご自身のために毎日使えるものとなります。

 

1回の集中コース、あるいは2回、4回のセッションを受けていただいて、その後継続してご家庭でヘッドバンドB-2を受けていただければ、何度もセッションを受けるように良い実感が得られるかもしれません。

 

コストだけではなく、よりより良い結果のために

例えば、数セッションでもオフィスでのセッションを受けていただくと、大きく脳がリラックスする方向に動きます。これはいつも書いているように、脳がその人自身の脳の条件で、脳自身をリラックスするように動き出す、のです。脳が柔軟性をもって機能し始めたところで、B-2を続けて使っていただくと、オフィスセッションの後も更に脳が進化します。

 

オフィスでのセッションが脳の64か所をターゲットとするのに対して、B-2は4か所ですが、その4か所が変化することでもたらされる変化は多岐に渡ります。

自律神経バランスの向上

安定した感情

ストレスに強くなる

睡眠の質が向上する

集中力が向上する

記憶力の向上

注意力の向上

この他にも、ストレスから解放されるとともに、体に力がはいっていて筋肉が凝り固まった状態が変わってくることもあります。

それだけ、B-2でカバーできる4か所は大切で、その4か所の機能がよりリラックスしてくると、心にも体にも大きな影響を与えます。

まずは、その方がB-2でどこまで変化できるか試していただきたいなと思っています。

そのうえで、更に上を目指すなら、集中コースを受けることでも遅くはありません。

 

その他にも、

  • ご家族皆さまでご利用できる。(1台につき2名様、追加ライセンス購入で最大5名様まで可能)
  • お忙しい方は、オフィスセッションに来ることなく毎日自分をリラックスさせるというメンテナンスができる
  • 何等かの困難な状態にあって、外出できない人にも使っていただける

などなど、たくさんのメリットがあります。

 

脳波の最適な状態というのは、同じ脳の部位でも脳波別にそのポイントが違っていて、それがヘッドバンドが動的に一人一人の脳に対応して、セッションしてくれるなんてすごいものを作ったと感心しています。

先日も、ある滞った脳波の部位があるクライアント様がいて、その状態をリラックスさせるには通常とは違う特殊なセンサーの配置をするので、B-2ではそういうことまでは対応していないと思って米国本社に質問したら。。。できるよ!という回答。

 

技術的なことなので、読んでいる人には意味不明だと思いますが、私達が信じられないほどの技術です。

 

オフィスでのセッションは、B-2よりもパワフルなことは確かですが、それよりも脳を深くリラックスすることがどれだけ自分の心と体に影響があるのかというのを、より多くの人に実感してほしいというのが私の願いです。

 

B-2は、オフィスでのセッションなしで使い始めることも可能ですし、オフィスで2セッション受けてからスタートするコースもあります。

それは前回のブログで書いているので、詳しくはそちらをどうぞ>>

ヘッドバンドBRAINtellect2の購入はこちらから可能です>>

 

Brainwave Optimization®、Brain State Technologies®、Brain State® はBrain State Technologies, LLCの登録商標です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る