小学6年生 息子が驚くほど落ち着いた日々を過ごしています!

kid studying

M君 小学6年生

感情のコントロール

長い夏休みも無事終わり、駆け込みで宿題をなんとか終わらせました。
そして、息子がパパも驚くほど落ち着いた日々を過ごしています!前のようにキーってかんしゃくも起こしませんし、話も聞いてくれています。

 

昨日もいつもならジャンプしがいのあるチェーンを見ても、「オレ跳べないからお前跳べよ!」って弟の荷物を持って見ていたんです(^^)d。少し我慢ができるようになったのかな~なんて喜んでます。
明日から学校が始まるので少し心配ですが、息子はどうしたらいいか理解していると思うので見守りたいと思います。ありがとうございます。また報告しますね~♪

BWO集中コース後3週間経ち、新学期が始まってからのご報告です。

息子はだいぶ落ち着いたように感じられます!

 

でもこの前遊具から落ちて頭をぶつけてパニックになってました。下は芝生だったのでコブにも何にもなってなかったのですが焦りました(^_^;) それ以上に息子が「頭うったー!頭うったー!」とパニック。パパはそれを聞いてがっくり「もとに戻ったか…」と父と息子で取り乱していました(-“”-;)

学校での生活は先生から聞く限りではまだ自由にやっているようで、先生に怒られて学校から帰ってきてしまった日がありました。それでも私と話し合って学校に戻りました。以前なら絶対戻らなかったでしょう。昨日うれしそうに理科のテストを出してきてなんとっ100点だったんです!これはいい自信になったかなぁと♪

いつも0点から40点ぐらいだったので授業を受けてくれてるんだなぁって思いました。座れるようになったからこそ勉強もするようになったんでしょうね。振り返れば、以前は足はブラブラ、途中でイーっとなって身体をのけ反らし鉛筆を折ってしまったり、宿題はほとんどしない、テストは白紙などなどそんな日々もありました。
本当にかんしゃくの回数が減ってます!本人も楽でしょう。親子ゲンカはありますが、息子が落ち着いて過ごせているのは家族にとってありがたいことです。また何かいいことがあったらご報告しますね~。

M君のお母様、ご感想ありがとうございます。

M君は、夏休みの度にBWO集中コースを受けていて、これで3クール目の集中コースです。少しずついい変化は見られたのですが、怒りや感情のコントロールについては、今回はじめて大きな変化が見られたようです。数年間に渡り通ってくださっていたので、私にとってもうれしいご報告でした!

カーっとなったり、感情がコントロールできない。それがアンバランスな脳から駆り立てられている場合、自分でもどうすることもできません。いま落ち着いてきたのは、脳がリラックスするように司令を出せるようになったからで、これが本来のM君の姿です。

 

ブレインウェイブ・オプティマイゼーション(脳波最適化調整)は、何かの症状を治したりするものではありません。脳に音により自分の姿を見せる、それにより脳が個人個人のペースで、自分の脳を自己調整する。脳が自分で癒す力が働きだします。M君のこれからの成長が楽しみです。

P.S. 「頭を打ったこと」は、やはり脳波に影響を与えます。これについては、また別の機会に書きますね。

Brainwave Optimization®、Brain State Technologies®、Brain State® はBrain State Technologies, LLCの登録商標です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る