あなたの子供の脳を最高に成長させるための10のリスト~解説編

あなたの子供の脳を最高に成長させるための10のリスト~解説編

 

1. 歌を歌う、音楽を演奏する。あるいは第二言語を学びましょう。

楽器を演奏することや、歌を歌うことは子供の認知能力を育む上で有効です。外国語を学んだり、本を読むことも効果的です。複数の言語を学ぶと、脳の「執行機能」が刺激されます。

 

2. できるだけたくさん体を動かして活動しましょう。可能な限り屋外が最高です。

子供は本来は体を動かすことが好きです。親が一緒に遊べるようなことから始めて、動くことが楽しいと感じられるようにするといいでしょう。体を鍛えている子供のほうが、脳の特定部位がより発達し、記憶力を使う問題の成績がいいことが分かってきています。

 

3. 砂糖、特にダイエット炭酸飲料水の摂取を控えましょう。

子供の食事については、いろいろ気をつけなければならないことありますね。その食事の習慣のなかでも、もっとも大事なことは、砂糖を控えるということです。
砂糖のとりすぎによる弊害は良く知られていますが、砂糖の過剰摂取によって、脳波もアップダウンが激しくなり、自己制御能力が落ちます。脳神経に異常を引き起こし、「すぐにキレる性格」をつくるともいわれています。
手軽に飲める清涼飲料水、スポーツドリンクは1本あたり、30~40グラムの糖分量が含まれています。飲みすぎに注意するようにしましょう。

 

4. たんぱく質を十分に摂取しましょう。

ただし、プロテインバーや、プロテインドリンクにはご注意を。これらは糖分が多量に含まれているものもあり、砂糖の過剰摂取になるからです。

 

5. 規則正しく食事し、眠り、起きる生活をしましょう。

意外と忘れがちですが、一番大事なことです。テレビを見ながら食事、~しながら何かではなくて、食事のための時間をつくって、食事する。眠るための時間をとる。起きる時間を設定する。
こういった基本的なことが、基本の脳の発達に必要です。

よい眠りのためには環境づくりを。

TVは消し

体を使う遊びもやめる

明りは暗くするなど、眠りにつくための環境と習慣を作ることが必要です。

 

6. 目標設定を行い、期限を決めます。

認知機能を高めます。

 

7. さまざまな学習方法を提供しましょう。

例えば、週末は科学博覧会、次の週末はアートフェアに連れて行きましょう。
例えば、スポーツ競技に連れていき、次の週には実際にプレイしてみましょう。

科学博覧会にアートフェア、などと特別なことをすすめているわけではなく、大切なのは、子供たちに幅広い活動の機会を与えること。新しいことを楽しむことによって、自分ではここまでしかできない、と思っている限界を超え、子供のもつ潜在能力を高めることができます。学習することと活発に活動することは、バランスのとれた人間に育つために大切です。

 

8. あらゆる年令の人と接する機会を作りましょう。

子供の社会性を養います。

 

9. 心を静かにする時間のための部屋を用意してください。

現代において、特に大事なことのひとつです。いまは、TV,ゲーム、携帯 あまりにも多くの情報が氾濫していて脳は処理しきれません。

私達がひとつのことに集中して作業できない。例えば、本を読んでいても、別のことが気になってすぐに違うことをしてしまうなど。。。こんな症状を作っているのも、多すぎる刺激、情報を処理できないこととも関連しているのです。
脳の70% は受信機能。
脳の30%は、実行機能。
その受信機能は、内面の整理をする時間が必要なのです。

なにもしない、ぼ~っとする時間、意識的に作るように、静かな環境を用意してあげましょう。

 

10. もしあなたの子供が一日中勉強する、読書する、あるいは一日中コンピュータゲームをする、あるいは一日中スポーツをするなら、何事もやりすぎは、よくないと知ってください。脳にはバランスと調和が必要です。
解説は以上ですが、いろいろたくさんあってどうすればいいの?と思われるかもしれません。

 

「よく眠り、よく食べ、よく遊ぶ。」 規則正しい生活が基本です。

そして、現代においてはこれに1つ加えて、静かな時間をもつ
こんなことが脳の発達にとって、一番大切です。

 

もちろん、大人の方にもバランスと調和のとれた脳のためにこの基本は同じです。

こちらのページで、解説なしの10のリストがダウンロード可能です。

ダウンロードに当たって、個人情報の入力などは必要ありませんので、ぜひご活用くださいませ。

Brainwave Optimization®、Brain State Technologies®、Brain State® はBrain State Technologies, LLCの登録商標です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る