セッションの流れ

 Step1 当サイトにてご予約 

お問い合わせフォームへご連絡ください。 またご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 Step2 ご自宅で 

セッションに来られる前に、2種類の質問表にお答えください。事前にメールで質問表をお送りしますので、ご記入後あらかじめご返送くださるようお願いいたします。

 Step3 ブレインウェイブ・アセスメント(脳波評価) 

初回のカウンセリングで、テクノロジストと達成したい点を話し合い、ゴールを設定します。

initial meeting
ブレインウェイブ・オプティマイゼーションのプロセスでは、はじめにアセスメントを行ないます。アセスメントでは各部位の脳波を測定し、脳内のエネルギーのパターンを評価します。個々の脳は、指紋と同じようにひとりひとりの個人に独自のものです。お客様一人ひとりに最適なプログラムを作らせていただきます。

Brainwave Assessment

 Step4 セッション 

リラックスした状態でリクライニングチェアに座り、コンピュータ処理で音楽に変換されたリアルタイムのご自身の脳波の音を聞いていただきます。脳が自分の脳波の音を聞くことにより、自分のバランスの乱れに気づき、その後脳の自然治癒力が働き始めます。1回のセッションは約2時間。全7回のセッションを、1日2セッション4日間で受けていただきます。くつろげる個室であなた専用のセッションを体験してください。

Brainwave Optimization Eyes Closed

 Step5 カウンセリング 

セッション前と後のデータをお見せし、その後3週間の過ごし方の注意点などについてお話しさせていただきます。3週間、人によってはそれ以上、脳は進化し続けます。その間セッションで覚えた深いリラクセーションの状態がより深く定着します。

 

ブレインウェイブ・オプティマイゼーションの内容

セッションでは、目を開けた状態で行われるものもあります。

DSC_3932 session EO

それ以外は、椅子にゆったりと座り、目を閉じてください。セッション中は、体の力を抜いてリラックスし、できれば眠らないようにしましょう。リラックスした状態でいると、脳が情報を受けとりやすくなり、処理するプロセスが容易にできるようになります。

もし眠ってしまったら、自分で目を覚まし、ふたたびリラックスした状態に戻るようにしてください。はじめてのセッションで眠ることはよくあります。睡眠の足りない人によく見られますが、脳は脳自体の存在を認識すると、直ちにバランスを取り戻すよう働きはじめます。これは脳にとってかなり大変な作業で、相当の量のエネルギーを必要とします。眠りはこれに対する反応として起こります。でも心配は無用です。あなたが眠ってしまっても、脳がバランスを取るのに必要な情報は受け取り続けているので、セッションの効果は変わりません。

逆に、不安な気持ちになったり、自分の内面で起きていることや、目を開けてディスプレイを見ているとき何も起きていないことを心配したりすると、緊張の原因になります。リラックスして、画面のことは気にしないでください。画面はセッションの中の脳の活動を映し出しているだけです。不安を感じていたとしても、あなたの脳はセッション中に学んだことを拒絶しているわけではありません。実は、毎回のセッションを終えてオフィスを出た後も、脳はリラクゼーションの状態を取り戻すよう働き続けるのです。

深い変化は、セッションとセッションの間の期間に起こったという人が多くいます。これは、脳が、新しく与えられた情報を処理する働きを続けるからです。このため、睡眠の状況など、日常生活についてテクノロジストにお話ししていただくことが大切です。日々の状態の話から、テクノロジストはセッションへの反応について必要な情報を得て、セッションの内容にさらに細かい調整を行っていきます。

体験談

ページ上部へ戻る