B-2  Wi-Fiルーターを正しい場所に設置しなおす。

Wi-Fiのアイコンが消えて、ネットワークアイコンに「赤いX」がついています。

というご質問をいただきました。Wi-Fi接続もできない状況ですが、MicrosoftのWindows8、Windows10のアップデートの後に良く起る現象のようです。

ネットワークドライバの再インストールが必要な場合もありますが、単純にWi-Fiルーターから遠いところで作業している場合にも考えられます。

セッションのときは、Wi-Fi接続の必要はありませんが、B-2の初回登録やソフトウェアのアップ―デート、データの同期の際には、Wi-Fiルータの近くで作業をしてみてください。ルーターまでの距離が長いと、タブレットのインターネット接続が断続的に切断され、問題の原因となる可能性があります。

また、Wi-Fiルーターを正しい場所に設置しなおすだけで、今までよりずっと電波が届くようになります。こちらは、BAFFALOのページですがとても参考になりますので、設置場所の参考にしてみてください。

 

ホントはもっとつながるWi-Fi

Wi-Fiルーターを正しい場所に設置設置しなおす

 

 

Brainwave Optimization®、Brain State Technologies®、Brain State® はBrain State Technologies, LLCの登録商標です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る