2) 薬物不法所持の疑いで取り調べをうけたダニエルのケース

Photo by Fotolia

ダニエルは当時17歳でした。薬物不法所持の疑いで取り調べを受け、警官がダニエルの車を調べたところ、彼が大量虐殺を計画していたノートが出てきました。これはダニエルの家族、両親、兄弟、姉妹にとって大きなショックを与えました。彼らは、東ヨーロッパから米国東海岸に移住してきて、この地で尊敬される地位を確立しようと勤勉に働いてきた家族でした。

 

ダニエルは怒りを感じていました。学校で教師や生徒たちが彼を敬遠していると感じていたためでした。このような孤立感が、ダニエルが彼らを排除する計画をするまでに動揺させました。多くの10代の若者は追放や孤独を経験しますが(学校生活はときに残酷です)、ほとんどの場合同級生や教師の虐殺という形で報復するつもりはありません。ではなぜ孤立したダニエルの気持ちが、だれも理解できないような計画をするまでに至らしめたのでしょうか。

 

 

答えは脳の中に

答えはダニエルの脳の状態にありました。彼の神経ネットワークはアンバランスな状態で、脳のエネルギーが停滞している状態でした。それによりダニエルは人とのコミュニケーション能力に完全に欠けており、他人がダニエルを避けるようになりました。彼が経験した欲求不満は、彼の孤立から抜け出る強い必要性を生み出したのです。
ダニエルにとって幸運だったのは、彼のケースを処理した裁判制度はブレインウェイブ・オプティマイゼーションのセッション*1に精通しており、この若者の正常な機能の欠如に対処し、社会的に生産的な生活を送るためのより有効な手段であると認識しました。そのため、ダニエルが精神科に行くよう命じる代わりに、裁判所は彼にブレインウェイブ・オプティマイゼーションのセッションを勧めたのです。この10代には劇的な変化が表れ、それは彼の行動で明らかになりました。

 

その後、彼の父親と母親がブレインウェイブ・オプティマイゼーションのセッションにサインアップしたことはとても素晴らしいことでした。
ダニエルのBWOセッションに続いて、住宅の薬物乱用プログラムがあり、その組み合わせが非常に有効でした。次にダニエルについて更に詳しく説明します。

 

*1 この本「Limitless You」が書かれた当時は、ブレイントレーニングとして本にも書かれていますが、その後名称が変わり、ブレインウェイブ・オプティマイゼーションとなりましたので、このブログでも新名称でご紹介していきます。

Brainwave Optimization®、Brain State Technologies®、Brain State® はBrain State Technologies, LLCの登録商標です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る