6) 脅威にさらされたときどうやって脳は反応するのか?

ダニエルの脳が、自己防衛のために作ったパターンは彼の身を護るために有効に働きました。彼の副交感神経系は、妊娠を誘発されようとしたときに彼を保護しましたが、その後は抜け出すことのできない副交感神経が過剰に優位なモードになりました。

副交感神経系が支配的になったときに起こる、役に立たない脳のパターンの一つは、一般的にはフリーズ(麻痺)反応と呼ばれる状態です。ダニエルの脳が体をボールのように丸めさせたとき、彼は巨大なフリーズ(麻痺)反応にさらされました。彼の脳はこう結論づけました。「体をボールのように丸めることは自分の命を救う。」と。そしてそれが彼の支配的なパターンとして維持されることになりました。

この本能的な反応が、脳の生存を可能にしたので、その反応が正しいという根拠がありました。もし違ったことが起こっていれば 。。。その場面から逃げたり、闘おうとしたり。。。。代わりにそのパタンになっていたかもしれません。

この場合、ダニエルは逃げることも戦うこともできませんでした。そのため彼の脳は、彼を安全にするためにできる唯一のことをしたのでした。彼の脳はダニエルをフリーズ(麻痺)させ、そしてこれが将来に渡って自己防衛のモードとなりました。

 

ダニエルが人生を過ごすなかで恐らく多くの困難があったでしょう。積極的に人生に関わる代わりに、彼はほとんどフリーズ(麻痺)していました。彼はその場に合わせた反応をすることができませんでした。このフリーズ反応は、したがってダニエルが他人から控えめで、おとなしい良い子と思われる理由です。しかし内面は何かが違って発達していたのです。

Lee Gerdes
Limitless You: The Infinite Possibilities of a Balanced Brain – March 13, 2009より

Brainwave Optimization®、Brain State Technologies®、Brain State® はBrain State Technologies, LLCの登録商標です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る