7)脳が極めて大きくバランスが崩れている状態にあるとき。。。

人の脳が極めて大きくバランスが崩れている状態にあるとき、人は反社会的な方法で振る舞う可能性があります。例えば、ダニエルがそうだったように、非合法薬物を使用することはしばしばあります。彼らの脳のバランスが崩れているため、薬物は単にセルフメディケーション(自分を癒すため)の方法の一つだからです。

10代の若者たちは、自分を傷つけ、髪を抜き(抜毛癖)、拒食症や過食症になりますが、それもまた脳のアンバランスな状態を示すものです。

 

暴力的な行為を計画したことも、脳のニューラルネットワークの極端なアンバランスの現れです。大量虐殺の計画は実行されませんでしたが、それはむしろフリーズ状態といよりも*Fight or flight (闘争か逃走か)の状態に駆り立てる方法でした。

 

  • Fight or flight (闘争か逃走か) 交感神経系が、散瞳、心拍数増加、血圧上昇などエネルギーを消費する変化をもたらします。
    ダニエルの脳のパターンであるフリーズ反応とは、逆の働きです。

今日は短めの記事ですが、明日次に続きます。10代の若者がチャレンジングなわけ。
Lee Gerdes
Limitless You: The Infinite Possibilities of a Balanced Brain – March 13, 2009より

Brainwave Optimization®、Brain State Technologies®、Brain State® はBrain State Technologies, LLCの登録商標です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る