8)ティーンエイジャーがチャレンジングな理由

子供達が何か深刻な問題に巻き込まれそうなとき、私達は話し合いによって、自分たちが知ることを伝えるなどして、彼らを助けることができます。

しかし、若者が仲間の影響を強く受けている社会では、彼らの人生からシャットアウトされていると感じることがあります。どれほど多くの親や保護者が、どうやったら悩める10代を助けることができるかと思案に暮れていることでしょう。

よく子供と定期的に話すといいと言われますが、あなたが親や保護者の場合、例え何か話しかけても子供達から疎ましがられることがあるでしょう。「学校はどうだった?」と聞いたとしても、彼らの反応は「いいよ!」だけ。何か尋ねても、話そうとしません。

子供達が友人と会わない時間は、自分自身の部屋に閉じこもります。明らかにあなたのことは歓迎していないというメッセージを送りながら。これは10代の若者たちと同じように、あなたにとっても困難な時間でしょう。

若者が思わしくない行動を始めると、両親はたいてい心配しはじめます。もし子供とコミュニケーションできていれば。。。もし話をきいてあげていれば違っていただろうと感じながら。

彼らは子供達を健全な方向に向けようとしますが、そのアドバイスは彼らの耳には届きません。なぜなら10代のアンバランスな脳が彼らの生活を支配しているからです。大抵のティーンの反応は、「どうでもいいよ!」です。

ダニエルの母親が、息子の出生前に何が起こったか理解し、彼に説明したと仮定しましょう。「私は1か月も早く出産を誘発されて、そのときあなたが子宮の中で丸くなったの。それから病院側が誘発を中止して、あなたは無事1か月後に生まれたのよ。」

これを聞いたからといって、ダニエルが彼の行動を変更し、彼が歩み始めていた危険なコースとの折り合いをつける助けになったでしょうか?

恐らくダニエルが自分の状況を知り、彼が経験してきた世界が脳のアンバランスによるものだと理解しやすくしたかもしれません。だからといって、それが彼を痛みから解放し、何かを感じるために怒りを爆殺させる必要性を軽減するわけではありません。

多くの人々が人は正しい情報を与えられればそのように行動すると思っています。しかし正しい情報をもっていたとしても、すべてがうまくいくわけではありません。

 

恐ろしいことをするほとんどの人はそれについてよく分かっていますが、とにかく実行します。なぜなら彼らの論理と理解できる範囲を上回るアンバランスによって駆り立てられているからです、彼らが生きる世界で実行できる部分として。

 

脳がアンバランスに変化することを引き起こす、胎児への脅威や出産時の困難な状況のようなイベントは珍しいことではありません。

これから見ていくように、あらゆる種類の状況が、脳がアンバランスにシフトするようなトリガーとなります。

成人まで成長し、バランスのとれたニューラル・ネットワーク(神経回路網)を維持する人はほとんどいません。脳がどれだけアンバランスかにもよりますが、私達は人生における困難を経験することでしょう。

思春期の困難さによって、人生におけるストレスが誇張されている10代は、アンバランスが特に壊滅的な結果をもたらす可能性があるときです。
Lee Gerdes
Limitless You: The Infinite Possibilities of a Balanced Brain – March 13, 2009より

Brainwave Optimization®、Brain State Technologies®、Brain State® はBrain State Technologies, LLCの登録商標です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る